車買取査定に出す前に知っておくべき○○の事情

車買取査定と聞いて、何を連想しますか?

 

ディーラーでの下取り査定でしょうか?

 

ガリバーやアップルと言った車買取専門店での車買取査定でしょうか?

 

それとも。

 

一括車買取査定と言われる、複数の車買取専門業者さんを集めて一気に査定してもらう方法でしょうか。

 

 

 

 

お金にとっても余裕があって、
30万や50万程度の買取価格差なんて気にしない!

 

 

 

・・・という方は申し訳ありません、お役に立てそうにありませんのでこのサイトを閉じて頂いて結構です。m(__)m

 

 

 

・・・ちなみに私は約70万円もお得になった情報です。

 

詳細はトップページで書きましたが、私にはどうしても欲しい車があったのです。

 

頭金の足しになると思っていた車査定。ディーラーで愛車を下取りに出そうとしたら、古過ぎるので廃車代を取る必要があるかも・・・との事でした。

 

頭金50万程度しか私には用意ができず、ローンの毎月の支払金額シミュレーションを見た妻からは許可が下りませんでした。orz

 

 

 

そこで、何とか金策を考えて見つけたのが

 

車買取査定を誰にお願いするかで、大きく車の買取価格が変わる

 

という事実です。

 

 

 

結論、ディーラーでは私達の愛車を高く買取る能力は非常に低いのです。(例外はありますが)

 

この理由は「大人の事情」なのですが、ディーラーでは当然、地域での”新車販売”ができる販売体制を作っています。

 

しかし、中古車販売の為には必ず関係会社や協力会社へ委託したり転売するしか無いため、ディーラーではあまり利益を取れません。

 

ですので、介入マージン(ペーパーマージン)を取ろうと思うとなるべく私達の愛車買取価格を買い叩く事になります。

 

これが一つ目の大人の事情です。

 

 

 

 

一つ目の、と書きましたのはそうです、2つ目もあります。

 

いえ、実は3つ目もあります。

 

 

 

 

買取専門店は非常に中古車販売に長けています。

 

車として販売するために査定直後に即日オークションに出す為の準備を進めますし、

 

本当に価値がつかないような中古車でもYahoo!オークションなどでの部品取りで利益を出したり、

 

鉄工場に部品を売ることでも利益を出せます。また、海外市場に出すことで、

 

10万キロ超えの車でも高く売れることもあります。

 

なので、車買取専門業者はディーラーよりもほぼ確実に高く買ってくれます

 

しかし、それは大人の事情ではありません。

 

 

 

 

2つ目の大人の事情は・・・・

 

車買取専門業者とは言え、

 

1社だけに車買取査定をお願いすると

 

限界価格での買取には結びつかない、という話です。

 

やはり競争が無いと、少しでも利益を取りたいと思うのが人情です。ビジネスです。

 

ディーラーが10万円と言っていたと聞き出して、20万円を提示したらお客さんは大喜びですよ。

 

 

 

 

ところが・・・本当は50万円で買うことも多々あるそうです。

 

 

 

つまり、限界を引き出すための交渉ができれば良いのです。

 

私に交渉なんて・・・・と思った方。ご安心下さい。

 

最後、3つ目の大人の事情、それは競争原理です。

 

 

 

ただでさえ高く買い取ってくれる車買取専門業者。

 

これを複数集めて、現場でオークション形式で買取価格を決めてもらいます。

 

体力が無い中小企業から落ちていきます。

 

最後に大手が残って一騎打ち・・・。

 

という形で、各社の意気込みを聞きまわっているだけで勝手に買取価格が上昇していきます。

 

3つ目の大人の事情。競争の中に立たされると、

 

車買取査定業者さん達も変な色気を出す余裕が無くなります。

 

本気の本気で幾らまでなら買い取りたいか、を吟味して、提示してきます。

 

こうして、私達は限界価格で車買取をしてもらえるという、

 

競争原理の恩恵にあやかれます。

 

 

 

私の一括車買取査定経験はトップページに書いておりますので、

 

宜しければご覧下さいね。^^

 

↓コチラです。

 

トップページへ戻る